生い立ちを上手に紹介するムービーの構成

結婚式では新郎新婦の生い立ちを紹介するムービーが使用されます。
作成者や式場の方針にもよりますが、写真や動画を使用した形式の物が利用されることが多いです。
これらのムービーを使用する目的は、彼らが辿ってきた人生の軌跡を結婚式の参加者に見てもらうことで、新郎新婦の人となりを紹介することや結婚式を盛り上げるためです。

周りに迷惑をかけない限りはムービーの構成や作成方法に特に決まりはありませんが、短い時間で効果的に伝えるためには構成を工夫する必要があります。
効果的な作成方法としては、今まで人生で辿ってきた各年代順の節目ごとに構成するやり方がいい方法とされています。
例えば最初は生まれたての赤ちゃんの年代から始めて、学校の入学や卒業などの節目、入社や子供の誕生などの出来事ごとに進めていき、最終的には現在の年代状況にまでいく方法などが行なわれます。
これ以外にも個人が希望することや印象に残っている楽しかったイベント、家族や友人との関わりなどがよく表現されている題材なども加えると個性的で楽しいものにする事ができます。

この方法を行なうことが効果的な理由は、人生の節目ごとに構成を行なうことでその人がどんな人生を生きてきたかを理解しやすいことや、印象に残る構成がしやすいからです。
他にも使用する音楽は、明るいものや穏やかなものなど和やかな雰囲気を演出できるものにすることや、題材の元になる写真などは新郎新婦個人の卒業アルバムや個人で撮影した写真などを利用する方法がお勧めです。
自分で作成することが難しい場合や品質のいいものを作りたい場合は、結婚式場のスタッフや制作会社から助言を得たり作成を依頼することも出来ます。

ムービーを作成する上で何よりも大切なのは、作品の出来や時間ではなく結婚式の参加者にあたたかい感謝の気持を伝えることです。
そのためにはムービーを作成する際には、どのような物を作りたいのか新郎新婦と事前によく話し合いを行なう必要があります。